外来
平日
受付
9:00-12:30
13:30-17:15
診療
9:30-
14:00-
土曜
受付
9:00-12:30
診療
9:30-

皮膚科

皮膚科の診療

当院皮膚科では、日本皮膚科学会皮膚科専門医の医師が皮膚科疾患全般について診療を行っております。
かゆみ、かぶれ、蕁麻疹、いぼ、水虫、傷など、皮膚の症状で何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。患者様一人一人の症状に合わせた適切な治療を提案させていただきます。

  • ※ 当科の皮膚科担当は全員女性医師ですが、代診で男性医師が担当する場合もあります。診察医師の希望がある場合には、事前にホームページか電話で担当医師をご確認の上、ご来院ください。
  • ※ 当院では、レーザーなどの美容皮膚科診療は行っておりません。また、紫外線治療、皮膚腫瘍の手術、生物学的製剤の注射なども行っておりません。これらの治療が必要な方には、近隣の施設や大学病院等をご紹介させていただきますので、ご相談下さい。

当科で治療を行っている疾患の代表例

湿疹
皮膚に赤み、かさかさ、ぶつぶつができて痒みを伴います。原因として皮膚の乾燥や、外部からの刺激、かぶれなどが考えられます。
ステロイド外用剤や保湿剤、必要に応じて内服薬などで治療します。
アトピー性皮膚炎
皮膚の乾燥症状が強く、悪化すると赤みやぶつぶつが生じます。強い症状がつづくと特徴的なゴワゴワした皮膚の状態になることがあります。遺伝的素因、アレルギー素因、皮膚のバリア機能の障害などが原因として考えられます。
民間療法や自己流の治療で症状を重篤化させてしまう場合もあります。上手に外用剤を使って治療すればよい状態を保つことができますので、悪化してから受診するのではなく、定期的に通院することが大事です。
ステロイド外用剤や局所免疫抑制薬、保湿剤、内服薬で治療します。新しく適応になった注射薬での治療をご希望の方は、他の施設にご紹介いたします。
蕁麻疹
体のあらゆるところに痒みの強い、蚊に刺されたような膨らみやミミズ腫れが生じ、通常は数時間から半日ほどで一旦消失します。重症の場合には血圧の低下や呼吸困難が生じることもあります。食べ物や薬のアレルギーによる蕁麻疹もありますが、大部分は原因不明で体調が悪いときに出やすい傾向があります。抗アレルギー薬の内服で治療します。ひどい場合には注射薬を用いる場合もあります。
にきび(ざそう)
思春期以降の男女の多くにみられる疾患ですが、顔など目立つ部分にできることが多く、悩まれている方が少なくありません。毛穴に角質や皮脂成分が詰まった白ニキビや黒ニキビ、炎症を伴った赤ニキビなどがみられます。素人療法でかぶれたり悪化したりすることもありますので、皮膚科への受診をおすすめします。外用剤、抗生剤の内服、ビタミン剤内服などで治療します。
ヘルペス(口唇ヘルペス、陰部ヘルペス)
口唇にヒリヒリ感、赤み、小さな水ぶくれが生じます。単純ヘルペスウイルスの感染が原因です。疲労やストレス、日焼けで誘発されやすく、1年に何度も繰り返し生じる場合があります。性器の周囲に症状が出るタイプもあります。抗ウイルス薬の内服か外用薬で治療します。
帯状疱疹
体、四肢、頭、顔などの半分側のみに、痛みや赤み、水ぶくれが生じます。子供の頃に感染した水痘ウイルス(水疱瘡)が原因で、体調不良や免疫低下時に症状が現れます。
抗ウイルス薬や痛み止め、神経の炎症を抑える薬などで治療します。
いぼ(ウイルス性)
主に手足に、小さな硬いウオノメ状の盛り上がりができます。パピローマウイルスの感染が原因です。放置していると大きくなったり、他の部位にうつって増えることがあるので、早めに治療することが大切です。主に液体窒素を繰り返し使用して治療します。
いぼ(ウイルス性以外のもの)
顔面に多くできる老人性いぼ(脂漏性角化症)、首やわきの下などに小さい突起状にできるアクロコルドンといわれるものなどがあります。ウイルス性のいぼと同様に液体窒素療法で除去することができます。顔や首などで整容面が気になる場合には、近隣施設でのレーザー治療をおすすめする場合もあります。
うおのめ
足の裏などの体重がかかる部分に硬い小さな角質の塊ができて痛みを伴います。形の合わない靴や圧迫が原因となることが多いです。芯になった角質を削る治療をすると痛みが楽になりますが、合わない靴を履き続けるとすぐに再発します。靴のインソール(中敷き)を工夫するなどの再発予防も大切です。
やけど
熱湯や油、湯たんぽ、ヘアーアイロンなどによるやけどが多いです。軽いやけどは赤くなるだけで比較的すぐに治りますが、ひどいと水膨れや潰瘍(きず)になります。やけどを負ったらすぐに流水や保冷材でよく冷やし、その後皮膚科を受診してください。
しみ
老人性色素斑や肝斑などのしみがあります。肝斑にはトラネキサム酸やビタミンCの内服が適応となります。メラニンの生成を抑えるハイドロキノンやビタミンCローションもあります(自費)。レーザー治療等をご希望の方は、近隣の美容皮膚科をご案内いたします。
年齢によるしみと自己判断していたら皮膚癌だったという例もありますので、気になるしみは皮膚科を受診してください。
乾癬
かさかさして赤みのある少し盛り上がった赤い斑点が体のあちこちにできます。頭皮にできるとフケが落ちるので気にされる方が多いです。なりやすい素質が基にあり、何らかの環境中の刺激がきっかけになって発症します。ステロイド外用薬やビタミンD外用薬が治療の基本となりますが、内服薬、紫外線療法、注射による治療を行う場合もあります。紫外線療法や生物学的製剤による注射療法をご希望の方は、他の施設や大学病院をご紹介いたしますので、ご相談下さい。
脱毛症
円形脱毛症や男性型脱毛症などの他、さまざまなタイプがあります。気になる薄毛は皮膚科を受診して相談してください。男性型脱毛症の内服療法は自費診療となります。
当科では、木曜日午後に毛髪関係を専門とする医師が診察を担当しております。

皮膚科の担当医師

神 久美
日本皮膚科学会皮膚科専門医
火曜日午前・午後担当
植木 理恵
日本皮膚科学会皮膚科専門医
木曜日午後担当
飯田 絵理
飯田 絵理
日本皮膚科学会皮膚科専門医
月曜日・水曜日・木曜日午前・金曜日担当